壬生用語辞典

第2話
(単行本第1巻)P050〜P084

二駄二人扶持の小身者
二駄二人扶持の小身者
(にだににんぶちのこもの)

大野次郎右衛門が、吉村貫一郎を罵ったときに吐いた文句です。
蔑みの言葉だとは判るのですが、具体的にはどんな意味かと言うと…
「二駄」は「俵が二つ分」ということ。江戸期以前だと馬一頭が、俵二つを振り分け荷物として運んだのでこのように呼んでいました。
一俵はコメにしてだいたい5斗(50升=75キログラムくらい)ですから、二俵だとおよそ十斗(百升=150キログラム)。実はこれが「一石」で、一人が一年で食べるコメの基本単位だったわけです。
一日に換算するとおよそコメ五合(500グラム)で生活しろ、ということですね。まさしく生きるのにギリギリの給料(の現物支給)!
これを家族含め二人分支給、が吉村の「足軽小身者(あしがるこもの)」としての立ち位置でした。「小身者」は禄の低い下級者を馬鹿にした呼び方です。身長の低い人、という意味ではありません。
ちなみに。よく「ナントカ藩百万石!」などという呼び方を聞いたことがあると思いますが、これは江戸時代に「人口百万人を養えるだけの豊かな藩」という意味になります。

→初出 第1巻p052

中間
中間
(ちゅうげん)

「ちゅうかん」と呼んではいけません。
身分的に武士ではなく「武家に仕える奉公人」のこと。一般には、武家屋敷で雑用を勤める奉公人全般を指しましたが、たとえば参勤交代のときなど、多くの人手が必要なときだけ、色々な藩を臨時雇いで渡り歩く「渡り中間」などもいました。いまでいうフリーター(死語?)ですね。ただし現代社会に「フリーターで公務員」という方はいませんが。

→初出 第1巻p055

介錯と一人腹
介錯と一人腹
(かいしゃく・ひとりばら)

南部藩大坂屋敷で吉村貫一郎が切腹を命じられたとき、彼は大野次郎右衛門の介錯を断り「一人腹」を召すことを選びました。
意味的には明快なので解説無用だと思いますが、問題はその難しさです。
想像がつくと思いますが、腹を切っただけで人間は簡単には死ねません。だから介錯人がついて、後ろから首を落とし絶命させるわけです(ちなみに一刀のもとに首を落とすのは相当難しく、これを失敗した介錯人は「士道不覚悟(武士としての覚悟が出来ていない)」の誹りを受けます…このあたりの描写は、本書第8巻で詳細に描かれています)。
一人腹の場合、作法としてはまず腹を横一文字(強者だと横三文字や十文字!)に斬った後、返す刀で自分の頸動脈に刀を当て、出血多量で自らの命を絶った…とか。
腹を切った激痛に耐えつつ、さらに頸動脈を断ち切るなど、想像もできないほどの難行だったことは想像に難くありません。
さらに吉村の場合、すでに手負い深手の状態でしたから、その難度たるや…。

→初出 第1巻p058

大和守安定
大和守安定
(やまとのかみやすさだ)

大野次郎右衛門が吉村貫一郎に貸し与えた刀の銘です。大野は大業物、と呼んでいました。ちなみに「大業物」は名刀の中では二番目にランクされています(トップランクは「最上大業物十四刀」)。
「大和守」と銘打っていますが実は武蔵国の刀工で、江戸時代初期に活躍したそうです。
その縁からか、試衛館道場の面々(のちの新選組隊士の中核メンバーとなる)沖田総司や大石鍬次郎、幕臣の伊庭八郎(幕末に遊撃隊隊士として活躍)など錚々たる剣豪たちが愛用したとも言われています。
だとすると、吉村は、新選組の同僚だった沖田総司の刀と同じ銘の業物で、切腹することになっていたのですね…。

→初出 第1巻p061

大坂城
大坂城
(おおさかじょう)

「大坂城」であって「大阪城」ではない、というところがミソです。
…どういうことかというと…
ご存知の方も多いと思いますが、太閤豊臣秀吉が建立したオリジナルの「大坂城」は、江戸時代初期の「大坂夏の陣」で落城焼失。その後、幕府によって天守閣を含め再建されたものの、事故や落雷などでたびたび焼失を繰り返して結局、1665年(寛文五年)の落雷で天守が焼け落ちて以降、大坂城は天守閣を持たない城になりました。
現在の「大阪城」は、1931年(昭和6年)に再建・完成した「オリジナルの豊臣太閤版に近い」天守閣となっています。
なので、江戸時代に「大坂城」がはたしてどんな天守閣を持っていたかは分かりません。詳細な絵図面も残ってないし…。
本書でも、実は「立派な天守閣を戴いた大坂城」は一度も登場していませんが、理由はそういったワケです。

→初出 第1巻p078

戻る TOP