第一章

画像をクリックタップするとビューアーが開きます
※一部のブラウザーと機種によっては閲覧できない場合がございます。

(第11話)

第一章 11話 第一章 11話

新選組に激震が走る!失踪した隊士に下された密命

辞退した分の報奨金まで
懐に入れる「守銭奴」吉村

見え透いた狂言芝居を打ってまで、遁走した酒井兵庫を見逃した吉村たち一行だったが後日、沖田から結局、酒井は出血のせいで手当ての甲斐もなく亡くなったことを知らされ、そして彼らには報奨金が渡されるのだ。気まずさを感じた竹中は金の受け取りを辞退するが、それを吉村は代わって自分の懐に入れてしまった。「銭こに名前は書えてねえ」と、言い残して。そのあっけらかんとした態度に、竹中は唖然とする…。

(第10話)

第一章 10話 第一章 10話

非情の命で下された処断 吉村は自ら刺客を買って出る

非情の命で下された処断
吉村は自ら刺客を買って出る

探索方によって探し当てられた酒井兵庫。祭りの夜に夜店の片隅で品定めをしていた、町人に化けていた酒井の背後から沖田が声をかける…。必死で命乞いをする酒井だが、鉄の隊規は変えられない。斎藤一は抜き打ちで斬りかかるが、それを押しとどめたのは吉村だった。彼は自分が始末をつける、と名乗り出たのだ。そしてそれは、何とか酒井を逃がそうという思惑で打った狂言芝居でもあったのだが…。

(第1話)

第一章 1話 第一章 1話

敗走し、元主家へ辿りついた武士に下された、非情なる命!

敗走し、元主家へ辿りついた武士に
下された、非情なる命!

慶応四年一月、戊辰戦争中屈指の大激戦「鳥羽伏見の戦い」で幕府軍が総崩れの敗北を喫した直後、 大坂の南部藩蔵屋敷に一人の男が辿りつく。彼の名は、吉村貫一郎。知る人ぞ知る「新選組最強の剣士」と噂された男である。満身創痍の彼は敗走を重ねる新選組と別れ、南部への帰参を願い出る。吉村は、実は南部藩の脱藩者だったのだ。だがそんな彼に下されたのは、あまりに非情な命であった!

TOP